ランニングコストはどのくらいかかりますか?

滅菌灯寿命は概ね5,000時間です。使用環境によって異なりますが、毎日8時間使用したとして10年を期待寿命になります、省エネ仕様(30W・100W)で電気代も安く済みます。フィルター式ではないので低コストで運用できます。

人の出入りがある場所で安全に使えますか?

本製品では、通常は広範囲を広く殺菌する目的で開放空間中に置いて使用する強力な医療用紫外線殺菌灯をそのまま小さな閉鎖空間である金属箱(遮蔽箱)中に置き、取り込んだ空気を1秒程度の時間をかけて通過させる構造としてあります。また扉スイッチにより、ユーザーが誤って通電中に誤って遮蔽箱の扉を開けようとすると、直ちにその全動作が停止する安全設計としてあります。

どうして、短時間での空気の殺菌が必要なんですか?

世の中には様々な細菌やウィルスが存在します。ウィルスによっては、感染した人と近距離(約1m以内)で長時間(約15分間以上)会話をすることで、感染した人の吐息や咳のしぶきが「目、鼻、口」から侵入することで感染する場合もあります。そのため、より短時間での殺菌・不活性化や機械換気による強制連続換気が感染リスクを下げるために必要です。

設置工事は必要ですか?

現場状況によって、地震等による転倒防止のためアンカー固定等を行う場合もあります。

メンテナンスは大変ですか?うるさくないですか?

電源OFFの状態で扉を開け、固く絞ったタオル等で内部を定期的に水拭きすることにより、清潔に使用できます。また、UV-AS シリーズは純国内生産ですのでアフターフォローも安心です。運転音は会話を遮らない家庭用クーラー程度の静音設計。操作もコンセントを入れるだけ、なので簡単です。