職場における新型コロナウイルス感染症への感染予防、健康管理の強化について

令和2年8月7日に厚生労働省労から職場における新型コロナウイルス感染症への感染予防、健康管理の強化について最新の状況を踏まえた留意事項等を取りまとめが発表されました。

職場における新型コロナウイルス感染症への感染予防、健康管理の強化について職場における新型コロナウイルス感染症の拡大防止につきましては、5月 14 日に、「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」(新型コロナウイルス感染症対策本部決定。以下「基本的対処方針」という。)に基づき、各関係団体において作成された「業種ごとの感染拡大予防ガイドライン」等を実践する際に、労働者が安全かつ安心して働ける環境づくりに率先して取り組んでいただくことについて、傘下団体・企業(連合は「構成組織」)に対し、周知等をお願いしたところです。
直近の新型コロナウイルス感染症の新規感染者数は全国的に増加傾向にあり、一部地域では感染拡大のスピードが増しています。このため、新型コロナウイルス感染症対策分科会において、新規感染者数を減少させるための迅速な対応として、事業者に対しては、①集団感染の早期封じ込め、②基本的な感染予防の徹底が提案されたところです。このような状況を踏まえ、今般、集団感染発生事業場における要因分析等を踏まえて「職場における新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するためのチェックリスト」の改訂を行うとともに、下記のとおり、職場における新型コロナウイルス感染症への感染予防、健康管理の強化について最新の状況を踏まえた留意事項等を取りまとめたところですので、傘下団体・企業又は構成組織に対し、改めて周知をお願いします。併せて、感染拡大を予防する新しい生活様式の定着に向けた周知についても引き続き御協力いただきますようお願いします。
厚生労働省労働基準局長
詳しくはこちらの文書をご確認ください。

また、「職場クラスター」が発生した場合の企業責任についてYahoo!Japanに記事がありましたので紹介します。

1 労災責任
2 安全配慮義務違反としての民事損害賠償責任

企業として、経済活動と感染防止対策の両立を検討していくことが重要としています。
参考:職場クラスター発生時の企業責任と労災認定
https://news.yahoo.co.jp/byline/kurashigekotaro/20200625-00184999/